2020年|妊活のはじまり〜子ありと子なしで悩んだ3年間〜

絶好のビューポイントからツインタワーを楽しむHARU

こんにちは!Weekend TravelerのHaruです♪

いつもは旅行のテーマでこのブログを書いていますが、このたび新たに「妊活日記」を始めることにしました!

 

全く新しくブログサイトを立ち上げることも考えましたが、終わりの良く見えないテーマなので、この際この旅行ブログの中で書いていってみることにしました。

 

そして「妊活日記」第一回目となるこの記事では、子ありと子なしで悩んだ3年間について書いてみたいと思います。

いつもの旅行ブログとは違って(?)

情報のまとめや記録というよりも、主に感じたことや出来事を日記の様に書いてみたいと思います。

 

私たちの簡単なプロフィールはこちら⬇︎

夫 40歳
妻の私 35歳

お互い初婚で、結婚してからもうすぐ5年

東京にある会社で働く共働き夫婦で、オフィスワーク系(今年3月頃〜テレワーク)

スポーツ、海外旅行、パソコン、海外ドラマ、漫画、散歩 が趣味で、健康体の普通の2人

 

紆余曲折しつつも満を辞して、2020年から自分たちで妊活をスタートするものの、早々に新型コロナウイルスのせいで一時断念

なんとなくコロナが落ち着いて来たので再開するも、自然妊娠せず

コロナ問題もあるし、年齢的にも待つのは不安だし、とりあえず専門家に診てもらって相談をと思い

2020.09.18 初めて不妊治療クリニックを訪れる・・・

 


子ありか、子なしか

まず私たち夫婦の場合は、そもそもここからのスタートでした。

多くのカップルは「子なしの方が良いのではないか?」と悩んだり、

「自分たちに子育てが務まるのか?」「子供がいても幸せに生きていけるのか?」と深く考えたりはしないと聞きます。

 

そして年々、私たちの様な考えを持つカップルは増加しているとも聞きます。

 

夫は、子なしが良い!?

私は、結婚したら子供を作るものだと考えていました。でも、夫は違ったようで・・

「本当に子供っていた方がいいのかな?」 という疑問を提起されたのです。

 

よくよく聞くと、どうやら夫は「子供は居ない方がいい、欲しくない!」というのとは違うのです。

「子供をちゃんといい子に育てる自信がない」
「子供がいない方が良い気がする」
「子供と仲良くなれる自信がない」
「どんな子供になるか分からないのが怖い」 といった感情でした。

調べてみると、親子関係が良く無かったり幸せな子供時代を過ごしていない人は、子供を欲しいと思えないみたいですね。彼はそうです。

イメージできないんだから当然とも言えます。

 

私の生い立ちはどうかと言うと、楽しい思い出・良い思い出もあれば、悪い思い出・悲惨な思い出・残酷な事件だってありました。

だけど、良い思い出ばかりを思い出すのです。不思議ですね。(嫌なこと都合の悪いことは忘れる性格だからか)

 

私は子供時代かなりわがままな娘で、兄弟喧嘩も多く、思春期には母との喧嘩ばかり

正直、「自分のような娘だったら子供は居ない方がいいだろうなぁ」とさえ思っています。

 

でも、多分私のような娘にはならないようにできるだろうとなんとなく思ってます(根拠はないけど)

それは父母とは違う環境に居るからです。私自身は生まれ育った環境から飛び出して人生を歩んでいるからです。

塞がれた田舎から東京に出てきたこと、留学や海外旅行、遊びに趣味にと人生を楽しんでいること、ずっと社会で働いていること、共働きなこと、遅めの結婚、情報を得られる時代ということ・・・・

親の時代や環境とは違う点が多いから、同じにならないように出来るんじゃないかなって楽観的に考えています。きっと出来るだろうって。

子なしでも良いかもしれない!

夫が子供を望んでいないのかもしれないと知り、最初私はとてもショックを受けました。親しい友人たちに慌てて相談したのを思い出します。

しばらくして冷静になると

確かに子供っていない方がいいかもしれない?別にいなくてもいいのかもしれない?と思い始め

夫の中に不安や疑念があるんだったら、私もしっかり調べたり考えたりして、自分はどうしたいのか決めようと思ったのです。

 

本を読んだり、友人の話を聞いたり、インターネットで調べたり・・ 

情報はものすごく多いとは言えませんが、今の時代だからこそ同じように考える方は結構いるみたいで、ある程度は見えてきました。

 

子なし or 子ありという非常に難しい問いかけを自分に投げかけながら、約3年の月日が経ちました。(長いでしょうか)

夫がどうだったかは聞いていませんが、私の場合は、途中31〜33歳くらいの間はどちらかというと「子なし」に気持ちが傾いていました。

子なしには子なしの良いところやメリットがあって、子ありには確かにデメリットが色々とある。別に子なしでも良さそうだなぁと。

 

詳しくは省きますが、実際、子なしの人生は魅力的です。(私は思います)

それに、よく挙げられているマイナス面は、実際にクリティカルな問題などありません。

これから先の社会でなら難なく対処できる問題だし、事前に準備をしておけば何も問題はありません。

 

子ありも子なしも一長一短。それにどっちがどうとかって無い。

どちらでも幸せでいられるし、逆に不幸にもなり得ます。同じことだなって。

 

子ありに前向きになれたきっかけ

その後どうして34歳頃には、「子供がいた方がいいかもしれない」に気持ちが変わったというと

 

一番大きかったのは、夫の転職。

夫が転職に成功して、経済的な面で、大きく改善されたことが大きかったようで

将来設計を詳しくプランニングしてみたところ、子ありの人生を具体的に思い描けるようになって

夫婦ともに心にも余裕が生まれて、仲良く過ごせるようになったり、未来が明るく見えてきて

「これなら子供のいる人生でも、なんとかやっていける気がしてきたぞ!」と感じたのでした。

 

それから、”子供がいた方がより人生がカラフルになりそうな気がする。豊かになりそうな気がする”という想い。

”いつか、子供を持とうとしなかったことを後悔する日が来るのではないか?”とか

”年老いて、片方が死んだときに、一人ぼっちでは生きていく気力があるだろうか”といった想いなど。

これまで子あり人生への障害に感じていたものが無くなってきて

年齢もとうとう夫40で妻35という区切りを前にして、そろそろ子供を・・と感じたんです。

 

一方、夫にとっても転機が訪れました。母親が亡くなったのです。大変悲しい出来事でした。

夫にとって、今後の人生や子供について新たに考えるきっかけとなったのでした。

 

やりたいことを一通りやって満足した

34歳になる頃に夫の転職があって、あぁもしかしたら子ありでもいいのかもなぁ〜と思い始め

それからは、妊活を始める前にやりたいことを思いつく限り全部やっておきたい!って思うようになった。

1年間かけてやりたいことをしながら、気持ちを固めていった感じ。

 

幸い時間はあって、副業を始めたり、新しい趣味を始めたり、親しい女友達と毎週のように飲み歩いたり(苦笑)
やりたいことをして楽しく過ごしてきた。

夫と2人で海外旅行にたくさん行ったのもそう。

2019年は1年間で計9ヶ国、計7回の海外旅行に行って・・ANAのプラチナステイタスもGetして・・

夫婦でビジネスクラスで旅行したり、夫婦でGWに短期留学したり、キューバやメキシコ、東南アジアなど子連れでは少し大変そうな国に行ったり。本当に楽しかったなぁ〜。

 

2019年〜2020年の年末年始に、キューバ&メキシコ旅行から帰国するフライトの中

この5年間でいっぱい遊んで、やりたいことを惜しみなく楽しんで、海外旅行もたくさん行って、満たされた気分に包まれてました。

 

年が明けたら、とうとう妊活をスタートしよう。子供を作ろう!そう思ったのでした。

 

まとめ|出した答えとこれからのこと

今回はちょっと難しいテーマになってしまいましたが

妊活日記を始めるにあたって、絶対に避けては通れないテーマだったので思い切って書くことにしました。

ほとんど自己満足で私自身の日記でしかありませんが、もしも同じように子あり・子なしについて悩んでいる人がいて、少しでも参考になっていたらとても嬉しく思います。

 

最後に

この妊活日記を始めたのは、そもそも不妊治療をスタートすることになったことです。

ですから今後どのように進んでいくのかは私にも全くわかりません。

子あり・子なし、どうなるのかは分からないけど、自分自身がどうしたいのかをよく考えた上で妊活を始めることができたのは、私らしいし、とても正解だったと思っています。

 

私は、後悔するのが嫌いなのでとても慎重で、かつこうと決めたら頑固な性格をしています。。そんな私には、この3年という期間は必要不可欠でした。

自分の中ではタイムリミットギリギリで決めた感がありますが、色々なことが重なり、順番にモヤモヤが消えていき、満を辞して答えが出たという感覚でした。

 

ちなみに答えが出たといっても、私には(夫にも)「絶対に子供が欲しい」という想いは今もありません。

子あり人生も良さそうだな、自分たちにも出来そうだなって思えるようになったから、
それなら妊活にチャレンジしてみて、授かるかどうかは天のみぞ知る と思っています。

 

これからどうなるか分かりませんが見守りいただけたら幸いです。お付き合いいただきありがとうございました💖

 

<次回予告>

次回:ごめんなさい、もう一度このテーマ(子ありか子なしか悩んだ3年間)で1記事書きます。
今度は時系列で、もっと具体的に書きたいと思います。

次次回:とうとう「妊活スタートで止めたことと始めたこと」について。禁酒とか、葉酸サプリとか、歯の治療とか。